2009年08月21日

1/48 SPT-LZ-00X LAYZNER

今日は随分前に作ったリアルロボットレボリューションシリーズのレイズナーです
Real Robot Revolution略してR3シリーズ第1弾にして初っ端でコケたキット?
自分も凄く期待して購入したんですが、途中から嫌々組立てました
値段高い割りに構造も可動もMG以下だった物で('〜')



1/48 SPT-LZ-00X レイズナー(バンダイ)
4000円

R3SPTLZ00X00.JPG

もっと安かったら売れたのかなぁ('〜')
てか、こんなにデカくなくていいのにw




【前後左右】

R3SPTLZ00X01.JPG

R3SPTLZ00X02.JPG

R3SPTLZ00X03.JPG

R3SPTLZ00X04.JPG

デザインは設定画と劇中のプロポーションの中間くらいです
こうやって立たせてる分には格好良いかも?
手が小さ過ぎる気がしますが('〜')
デカールとマーキングシールが付属しますが、今回は未使用



【付属品】

R3SPTLZ00X05.JPG

レーザードライフル
1/48 アルバトロ=ナル=エイジ=アスカ
1/48 アンナ=ステファニー

以上

レイズナーの付属品としてはこんなもんですね
武器これしかねぇし('〜')



R3SPTLZ00X06.JPG

エイジもアンナも第一部での姿で立体化



【可動範囲とか色々?】

R3SPTLZ00X07.JPG

腕は付け根も上下可動しますが、水平まで上がりません
足はこの程度しか開きません



R3SPTLZ00X08.JPG

肘も膝も90度ちょい曲がります、膝は二重関節なのに('〜')
足首は前後には良く動きますが、左右はあまり可動しないので
接地性はイマイチ



R3SPTLZ00X09.JPG

R3SPTLZ00X10.JPG

頭部コクピットハッチ開閉可能
コクピット内部は全塗装しました('〜')
デカール使ってないのでちょっと寂しい?



R3SPTLZ00X11.JPG

首は二重関節で、ある程度上を向けます



R3SPTLZ00X12.JPG

ナックルショット可動します



R3SPTLZ00X13.JPG

手首に繋がるケーブルは軟質ゴム?で出来ているので可動に支障無し



R3SPTLZ00X14.JPG

バックパック可動
バックパックは取り外しも可能です



R3SPTLZ00X15.JPG

バックパックにレーザードライフルをマウント可能



R3SPTLZ00X16.JPG

R3SPTLZ00X17.JPG

R3SPTLZ00X18.JPG

各部ハッチが開閉出来るのでV-MAX直後の強制冷却も再現可能



R3SPTLZ00X19.JPG

カーフミサイル脱着可能で、補助翼も展開可能



R3SPTLZ00X20.JPG

レーザードライフル装備
最近のMGと同じで、手首のピンで保持出来ますが
もうユルユルになっちまってて意味無し('〜')



R3SPTLZ00X21.JPG

R3SPTLZ00X22.JPG

R3SPTLZ00X23.JPG

V-MAXのポーズ?



R3SPTLZ00X24.JPG

R3SPTLZ00X25.JPG

空中戦をイメージしたけれど('〜')両手持ちさせれば良かった



R3SPTLZ00X26.JPG

MGガンダムver.2.0と比較すると、頭ひとつ大きいです



R3SPTLZ00X27.JPG

R3SPTLZ00X28.JPG



【総評?】

サイズを考えると値段は妥当なのかも知れませんが
やっぱ高けぇよ('〜')
値段的にMGと同等の物を期待するじゃないですかw
せめてもっと可動範囲が広ければなぁ・・・ポーズが決まらんし?

もうR3シリーズは発売しないのかなぁ
せめてドラグナーは欲しかったんですがw









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。