2011年07月10日

1/144 LM111E02 GUN-EZ

そんなこんなでハンマーヘッド作った後
気晴らし気味に作ったガンイージでも('〜')

てきとーに作った割りに良く出来た気がしたんで
ついでに宇宙世紀限定コンテストに提出してみたり?
一人3個まで行けるっつー事でHGUCジム3と一緒に提出してきましたw
ハンマーヘッド・ガンイージ・ジム3と見事にバラバラな時代のMSで・・・
全部バラバラにエントリーしたので票が割れて切ない事になるに違いない?



1/144 LM111E02 ガンイージ(バンダイ)
500円

144LM111E0200.JPG

 ザンスカール帝国は勃興の際にサナリィのサイド2支社を強制的に接収しており、リガ・ミリティア指導部は来るべき地球侵攻は主にMSによるものと見越していた為、それらの戦力に対抗する為にはMSが必要となるであろうことを予測していた。
これによりリガ・ミリティアは独自のMS開発計画「V(ヴィクトリー)プロジェクト」を立案、実行に移す。

 本機はそのプロジェクトの中核を担う実戦型MSの基本機として企画された。
MSの新規開発にあたり確実な戦力とする為、またその後のMS開発に生かせる様々なデータを得る為にも革新的な手法は用いず、従来のMS技術の昇華などを中心に信頼性の高い要素で構成された、極めてスタンダードな機体として設計された。
ガンイージ及びVガンダムは、元々連邦軍傘下の開発メーカーがモデルチェンジの候補として検討していた機体を設計母体としていると言われサナリィやアナハイム・エレクトロニクス社といった組織の関与も伺われるが、詳細は不明である。

 本機は予め正規のMS製造ラインが使用できない事を考慮して設計されている。
また、後方からの補給が滞った場合を考慮し、ジェムズガン、ジャベリンといった当時の連邦軍主力MSの部品、武装をほぼそのまま、または小改造で流用できるよう設計されている。
また本機の開発中に、地上での抵抗の際におけるゲリラ構想に基づき、小規模の製造ラインによる柔軟な部品供給を確立する目的で、本機を元にしたマルチプルMS構想が生まれた。
これは部品ごとに生産プラントを分散し、供給が絶たれるリスクを抑えるというものであり、この構想を元に製造されたのが後のV(ヴィクトリー)ガンダムである。

 本機はMS単体での生産性と信頼性を重視したため、後に開発されたVガンダムのような分離合体変形機構は持っていない。
しかし、ジェネレータはVガンダムと同一のものを使用している為に高い出力を持っている。
そのため性能は同時期の連邦軍のMSを上回っており、ザンスカールの主力であるゾロアットに匹敵する。
またVガンダム用の装備は大抵使用することができる。
簡易的ながらもミノフスキーフライトシステムを搭載しており、従来の連邦製MSに比べ高い大気圏内飛行能力を持つ。またハードポイントを増設した機体もザンスカール戦争が本格化した時期には現れている。

 プロトタイプは2機製作され、各種テストによるデータ収集が行われた。
その後プロトタイプの1号機は実戦向けに改修され、固定武装を追加して初期生産型6機と共にリガ・ミリティア初の実戦部隊であるシュラク隊へと引き渡された。
その後順次追加生産が進みリガ・ミリティアの各部隊や協力関係にある連邦軍の部隊へと配備されていった。

後に戦場が宇宙に移るとバックパックを高機動タイプ「ツインテール」に換装する改修が行われ(ガンブラスター)、ほとんどの機体がこのタイプへと改修を受けている。



-Wikipedia ガンイージより一部抜粋



地味に分離合体しないVガンダム的なMS?
Vガンダムの量産型とかじゃなく別コンセプトのMSらしいので
性能的にはVガンダムと大差無いんかな?

ガンダムUCの53年後のU.C.0153年のMSなので
きっとユニコーンに出てくるMSより高性能なのに違いない('〜')




【前後左右】

144LM111E0201.JPG

144LM111E0202.JPG

144LM111E0203.JPG

Vガンダム放映当時のキットをストレートに組んだだけです
Vガンダム放映が1993年だから18年くらい前のキットの割りに良い出来?
合わせ目の段差やパーティングラインは中々激しかったですがw

Vフレーム方式と言うポリ製の共通フレーム?を使用したキットで
簡単に作れる上にフル可動なキットです
弱点は関節と手首がポリ製で塗装が困難な所?
そんな訳で関節はプライマーを塗ってトップコートを吹いただけです
あと腕が良く取れます('〜')


【付属品】

144LM111E0204.JPG

ビームライフル
ビームランチャー
ビームサーベル(直)
ビームサーベル(曲)
ビームシールド
スタンド

以上

500円と安価な割りに付属品は多いですねー
スタンドまで付属してるしアクション向きな湾曲したビームサーベルも付属



【可動範囲とか色々?】

144LM111E0205.JPG

横はこれくらい



144LM111E0206.JPG

肘・膝共に90度近く曲がります
腰のアーマーもフロント・サイド共に可動します
足首は軸(前後方向)+ボールジョイントで接地性もまずまず



144LM111E0207.JPG

腰もひねれます



144LM111E0208.JPG

首はこれくらい上を向けます



144LM111E0209.JPG

144LM111E0210.JPG

肘・膝関節と手首はポリ製なのが残念ポイント
でも、この構造のお陰で簡単に組めるのも事実
肘・膝・足首の関節は、後からパチンとはめ込む方式なので
塗装は非常に楽でしたねー



144LM111E0211.JPG

ビームサーベル装備
サーベルはクリアピンク成型で柄まで一体成型されています
今回はサーベルとシールドは蛍光レッドを軽く吹いた後
白で軽くグラデーション塗装?しています



144LM111E0212.JPG

アクション向きな湾曲したビームサーベルで
ポーズが何か変なのは気にすると負け



144LM111E0213.JPG

ビームライフル装備
ビームライフルは1パーツで出来ているので、裏側は肉抜き穴地獄です



144LM111E0214.JPG

で、穴埋めてたらモールドも埋まって残念な事に・・・
これだったら埋めなかった方が良かったかも?



144LM111E0215.JPG

ビームランチャーは腰に装着可能



144LM111E0216.JPG

ビームランチャー装備



144LM111E0217.JPG

ビームシールドも装備
シールドの取り付けが近いせいで
肩に干渉しまくりです('〜')常にビームシールドで肩を切ってる?



144LM111E0218.JPG

スタンドに乗せてみる
スタンド基部はボールジョイントなので、ある程度は角度変更可能
支柱も写真の物より短い物も付属しています
捨ててしまったので写真は無いですがw



144LM111E0219.JPG

144LM111E0220.JPG

スタンドには付属の背景用紙を付ける事が出来ます
ガンイージ付属の背景は”森林2”
後、スタンド同士を接続する事も出来るので
並べて飾る事も出来ますねー



144LM111E0221.JPG

背景用紙表
森林の写真かな?



144LM111E0222.JPG

背景用紙裏面
ガンイージの詳細と、謎の総合戦闘数値が記載されています
ガンイージの数値は85みたいです
バーグラフを見ると妙に低い気がするが・・・
手元にあるリグシャッコーのキット付属の背景用紙には戦闘数値は無いので
比較が出来なくて良く判りません('〜')てか総合戦闘数値って何だ



144LM111E0223.JPG

こんなポーズでコンテストに提出しています



144LM111E0224.JPG

同スケールのHGUCジムと比較
ガンイージ14.9m
ジム18.0m
なので3.1m程ガンイージのが小さい設定です
でもガンイージのが高性能('〜')



144LM111E0225.JPG

144LM111E0226.JPG

ガンイージ=シュラク隊=天敵カテジナ・ルース
つー事でカテジナさんと一緒に飾る予定であります('〜')



144LM111E0227.JPG



【総評?】

未塗装パチ組だとイマイチなキットな気がしますが
基本処理をして塗装すると意外に良い出来ですねー
構造も簡単で塗装後に組めるし、何より本体色2色で塗装が簡単w
マスキングしたのは目と腹とビームランチャーのみです

とりあえず宇宙世紀限定コンテストにVガンダムのMSを送り込めたので
予は満足じゃ('〜')多分票は入らないと見たねw









この記事へのコメント
時代的には小型で高性能なのでしょうが、
どう見ても強そうに見えない。。。

旧キットですがスタイルは良いですね。
GガンダムシリーズのHG化が始まってますが、
小型のVガンダムは厳しいんでしょうかねぇ〜。
Posted by terra at 2011年07月14日 14:48
>terra様

相変わらずの遅い返事でスミマセン
設定的には結構高性能なMSぽいんですが
劇中では余り活躍した記憶無いですしねー

ガンイージは1/100より1/144のプロポーションが好みです
ちょっとひょろい辺りが('〜')

HGUCでの小型MSのキット化はして欲しい所ですが
どうなんでしょうねー?
個人的には1/144ヘビーガンが欲しいんですが('〜')
Posted by RGM79 at 2011年07月26日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。