2012年04月08日

1/100 MRC-F20 MOBILE SUMO

さて、またまた間が空いてしまいましたがー
今回は∀ガンダムから1/100モビルスモーゴールドタイプです
何故にゴールドスモーなのか?('〜')

てか、もう少し更新頻度を上げていかねヴぁー



1/100 MRC-F20 モビルスモー ゴールドタイプ(バンダイ)
2500円



100MRCF2000.JPG

機体解説

 ディアナ親衛隊専用機として製造・配備された機体で、一般機は銀色をしているが、親衛隊隊長のハリー・オードは金色の専用機を使用している。
 ハリー機と一般機の性能は大差ないが、機体性能をうまく引き出しているためか、高い戦闘力を発揮している。月の都市内での戦闘を想定しているため、接近戦に特化している。

 スモーの胸部には動力源であるHPHGCPジェネレーターを装備する。
 HPHGCP(Helical Phase Hyper−oscillation Gauge−Collapser−Pile=螺旋位相型超震動ゲージ場縮退炉)ジェネレーターは副次的にIFR効果を発揮する。
 駆動方式にはIフィールドビーム駆動(以下IFBD)を採用しており、∀ガンダムにも見られる駆動システムであること、コクピットの類似性(実際、コア・ファイターの外れた∀を、スモーのコクピットを使って運用した例もある)から、何らかの技術的なかかわりがあるものと推測される。
 ふくらはぎ部分にはFRP(Field Repulsion Processer=空間斥力処理装置)を備える。
 この装置は空間そのものに斥力を発生させる装置であり、これによって地上からホバークラフトのように浮上し、スラスターやアポジモーターなどの推力を必要とせずに高速移動を可能にしている。
 この装置は無重力空間でも使用が可能であり、宇宙空間での機動に一役かっている。
 また、腰に通称スカートと呼ばれる専用の飛行ユニットを付ける事で、大気圏内を飛翔することができ航続距離などがアップする(未装着状態でも大気圏内を単独飛行していると思われる場面は劇中たびたび見られる。特に、物語終盤の地球におけるギンガナム隊との交戦では、完全に単独での飛行を行っていた)。

 スモーはIフィールド(以下IF)コンセプト全盛期に建造されたことから、対IFBD機能搭載のモビルスーツとなっている。
 同時代に開発された機体であればIFジェネレーターによるIFR(I Field Restriction)効果によって敵の誘導兵器や各種火器を抑制、またはコントロールを奪うことができる。
 機体そのものへの効果もあることから、敵機のコントロールを奪い金縛りのようにして無力化することも可能。
 IFRは原則として同時代の機体にしか効果がないが、その影響はあらゆる機動兵器に及ぶとも言われている。
 劇中ではフィールド同士を干渉させて相手のフィールドを破るなどの使用方法も見られた。
 なお、Iフィールドの出力を上げるのは搭乗者に負担があるようで、ハリー・オードがIフィールドを全開で利用した際に倒れている。

 また、ゴールドタイプのみ顔部分のデザインが異なっている。
 通常はシルバータイプと同じ形状だが、ガンダムF91のように装甲が開きスカーフェイスが露出する。
 これにはスキャニングターレットの他に、何らかの機能が加わっているとされるが詳細は不明。

 名称は "Strike Unit Maneuver Operation" (機動戦闘ユニット)の略である。型式番号はMRC−F20、MRCはムーンレィスコメモレイションの略で、Fは戦闘タイプ(ファイター)を意味し、20は20番目の機体という意味がある。

 シルバースモーやゴールドスモーなどのバリエーションがあるが、通常は単にスモーとだけ呼称される。

-Wikipedia スモー より抜粋-

地味に凄い性能の機体ですね('〜')ふむん




【前後左右】

100MRCF2001.JPG

100MRCF2002.JPG

100MRCF2003.JPG


とりあえず金ピカです
こんなにメッキ仕様なのに2500円なのは安い気がしますねー
1/144のデルタガンダムとか1/100アストレイゴールドフレームが4000円だし・・・

オレンジ色のところだけ銀地にクリアーオレンジを吹いています
元の成型色は茶色でした
他はササっと筆塗りで部分塗装して墨入れのみです



【付属品】

100MRCF2004.JPG


ハンドビームガン
IFジェネレーター
ヒートファン
ヒートファン(装着状態用)
IFジェネレータービームエフェクト(短)
IFジェネレータービームエフェクト(長)

以上

ビームエフェクトに軽く銀と白を吹いてみたら
何か違う物になっちまいました('〜')失敗



【可動範囲とか色々?】

100MRCF2005.JPG


横方向はこれくらい
まぁ普通な可動範囲ですねー



100MRCF2006.JPG


肘は90度程度
膝は2重関節で90度ちょい可動します

割と良く動きますが、ちょっと関節が緩目ですかね?



100MRCF2007.JPG

100MRCF2008.JPG



腹の部分で前後左右に傾けられます



100MRCF2009.JPG

腰は360度回転可能



100MRCF2010.JPG

コクピット内の人らしきモールドにハリー・オードっぽい塗り分けをしてみましたが・・・
うーん('〜')



100MRCF2011.JPG

顔は、こっちの顔で組みました
スモーっぽいオレンジ色の四角いカメラデザインの顔にも組めます



100MRCF2012.JPG

100MRCF2013.JPG


指は人差し指と他四本が可動する方式です



100MRCF2014.JPG

100MRCF2015.JPG


脚部ハッチは開閉可能



100MRCF2016.JPG


胸部メカニックハッチも開閉可能



100MRCF2017.JPG

100MRCF2018.JPG

100MRCF2019.JPG

100MRCF2020.JPG


ヒートファン装備
持つ部分より先は回転して向きを変えられます



100MRCF2021.JPG

100MRCF2022.JPG


収納状態のヒートファンを腰に装着可能



100MRCF2023.JPG

100MRCF2024.JPG


ハンドビームガン装備
グリップは折り畳み可能ですが、それだけです



100MRCF2025.JPG

100MRCF2026.JPG

100MRCF2027.JPG

100MRCF2028.JPG

100MRCF2029.JPG

100MRCF2030.JPG

100MRCF2031.JPG


IFジェネレーターは左右どちらにでも装着可能
金縛りにつかったりしてた装備だっけ?('〜')ユニバース?



100MRCF2032.JPG


1/100アストレイゴールドフレームと比較
スモーでかいです('〜')



100MRCF2033.JPG


MG AGE-1とも比較
やっぱでけぇ('〜')



100MRCF2034.JPG




【総評?】

なんかイメージより細身な感じですが、良い出来のキットですねー
ちょっと関節が緩いのが弱点ですが('〜')

にしても、この時期のメッキキットの値段は今より随分安いですねー
つっても非メッキキット自体が安かったから当時だと高く感じたでしょうがw
今は、なんもかんも高いしなぁ('〜')







【関連する記事】
posted by RGM-79 at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ∀ガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ターンA含め、当時、なかなか受け入れがたいデザインでしたねぇ。
今となっては随分とみなれちゃいましたが〜。
なんでシドミードにデザインを発注しちゃったんでしょ?

キットの出来はよさげですねぇ。
シルバースモーと並べたくなるかな?

確かに今のキットは高すぎです。
MGの内部フレームいらないので、安くしてほしいなぁ。
MGスモーはでないでしょうが、ターンXは早く出して
欲しいです。
シドデザインだけど、格好いい〜!
Posted by terra at 2012年04月10日 08:36
>terra様

ターンAは放映当時は許容しがたい物でしたが
数年後にレンタルして見たら妙に気に入ってましたねー
今は割と大好きなガンダムです

キットの出来は良好ですが、妙に関節が緩いのが弱点ですねぃ

MGターンAが出たときは、しばらくしたらターンXも出ると思ったものですが・・・
発売しないですね・・・流石ターンAのお兄さん!
Posted by RGM79 at 2012年04月23日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック