2012年12月19日

1/10 RC WILD ONE OFF-ROADER

何だか年末付近は更新が滞りますねー(いつもじゃん
とか言い訳しつつ今日は1/10電動RCレーシングバギー ワイルドワンオフローダーです

再販が決定した時から買おうか悩んでたRCだったんで
ちょいと勢いで購入('〜')勢いで制作・・・してみたら・・・

本当はワイルドワンの前に再販されたアタックバギーに興味津津だった訳ですが
ワイルドワンが再販されちまったのでアタックバギーの事は吹っ飛んじゃいましたねー
アタックバギーがベースのレーシングバギーだし?
当時、友人の持ってたアタックバギーの走りがホーネットに比べて
ワイドトレッドなのも有って凄く安定してて羨ましかった記憶があります
フロントもリアもサスが沈み込んでもキャンバー角が変化しないのが良いですねー
まぁホーネットはリアのローリングリジットが諸悪の根源に違いないんですが('〜')

そんなアタックバギーのレーシングバギーがワイルドワンです
予想通り素晴らしい走行性能でした
最新のRWDバギーと比べると劣るのかも知れませんけどね('〜')



1/10 電動RCレーシングバギー ワイルドワンオフローダー(タミヤ)
18800円


RCwildone00.JPG

RCwildone01.JPG

RCwildone02.JPG

RCwildone03.JPG


ワイド&ローの車体構成と、ブラックを基調とした野性味あふれるカラーリングで1985年に登場、注目を集めた電動ラジオコントロールバギー「ITEM58050」の基本構成はそのままに各部に改良を加えた復刻版です。
全長425mm、全幅225mm、全高140mm、車体重量1135g。
フレームは耐久性のあるABS樹脂製ボックスタイプ。
バッテリーケースは7.2VレーシングパックやLFバッテリーなど現代のパワーソースに対応しています。
トレーリングアームによる4輪独立サスペンションはワイドトレッド仕様。
ショック吸収性に優れたアルミシリンダー製オイルダンパーを装着して荒れた路面でも安定した走行が可能です。
密閉式ギヤケースにデフギヤを内蔵してコーナリングもスムーズ。
ダストブーツを装着したドライブシャフトのジョイントは耐摩耗性に優れたドッグボーンタイプ。
ボディカウルとルーフは軽量でショックに強いポリカーボネート製。

箱横の説明より抜粋

ここの説明だとLFバッテリーに対応って書いてありますが
箱正面の説明には(角形のタミヤLFバッテリーLF3700-6.6Vレーシングパックは使用できません)
と有ります('〜')LFバッテリーも形状が何種類かあるんじゃろか?
バッテリーと言えばニッカドな自分にゃさっぱりですw
ニッケル水素あたりで凄い高性能な気分になってると言うのに・・・




【前後左右】

RCwildone04.JPG

RCwildone05.JPG

RCwildone06.JPG

RCwildone07.JPG

はいスミマセン('〜')痛い車になっちゃってます!
まぁまずプラモのモ子ちゃんステッカーを買ってしまった所から
何かRCのボディを作ろう〜ってなって
ドリフト車のボディをFD3Sに新調して、そいつをモ子車に・・・と思ってボディ購入したら
痛車にするには惜しくなって・・・
で、モ子ちゃんと言えば80年代のバギーのが似合うに違わん!っつーテンションで
ワイルドワンを購入して、こんな有様です('〜')こんな名車をこんな事に・・・
さて、ボディを買いなおしますかねw



【まぁ何か色々?】

RCwildone08.JPG

RCwildone09.JPG

ボンネットはこんな有様
ステッカー貼り過ぎじゃんね('〜')?



RCwildone10.JPG

RCwildone11.JPG

ボディサイドはこんな有様
やっぱやり過ぎ感が漂いますにゃー



RCwildone12.JPG

ルーフはこんな感じ
ラビ君がちょこちょこと・・・
ワイルドワンマークの上に文字ステッカーを貼れよっつー突っ込みは無しな方向で



RCwildone13.JPG

ドライバーのおっさんも何か困った顔をしています
このドライバー、塗装しにくいったら無いのなー
メットのパーツはナイロン製で色乗りにくいし
体はポリカーボネート製だからマスキング必須だしで・・・



RCwildone14.JPG

RCwildone15.JPG

フロントとリアのオイルダンパーはアルミ製
アルミダンパーは格好良くていいねー
ハマーH1も樹脂製じゃなくアルミ製を装備して欲しかった・・・高いんだからさー



RCwildone16.JPG

前輪は方向性に優れたリブパターンタイヤ
後輪駆動バギーの前輪と言えば、こんなんですねー



RCwildone17.JPG

後輪はグリップ力のよいブロックタイヤ
ホットショットとかあの辺と同じタイヤかな?



RCwildone18.JPG

キット付属のモーターは普通の540モーターですが
RC装置をホーネットから強奪したついでにモーターも奪い取ったので
タミヤのダートチューンモーターを取り付けています
あと、なに気にストックしてたベアリングで足りたのでフルベアリング仕様になってます



RCwildone19.JPG

リアのドライブシャフトには防塵用のブーツを装備
いずれ破れてしまいそうな気がしなくも、ない('〜')



RCwildone20.JPG

アタックバギーとは違ってFRPプレートをスナップピンで留める方式のバッテリー取り付け



RCwildone21.JPG

送信機は80年代バギーなんだから当然の様にスティックタイプ!





と、いう訳でてきとーに走行動画を撮影してみましたが
一人で撮影したんで車の動きがよーわからんですね('〜')
次に撮影する時は無理やりにでも誰かに撮影してもらうとしよう
もしくは操作を誰かに任せよう('〜')そうしよう

ダートだとフロントに荷重をかけないとアンダー出まくりですが
アスファルト路面だとオーバーステア気味?

BGMはグランツーリスモからKiss you Good-bye

を無断使用((('〜')))



RCwildone23.JPG

RCwildone24.JPG

RCwildone25.JPG

RCwildone26.JPG

走行後の割と汚れたモ子さんバギー



RCwildone27.JPG



【総評?】

思った通りワイルドワンは良いバギーでした
動画が見辛いのは、まぁ勘弁して下さいw
痛いボディのままにしとくにゃ勿体無いんで普通のボディも作らないとね!

ホーネットは暇になったら原型を留めないレベルのサス改造をしたい所だが・・・
そんな暇は多分来ないね!
とりあえずプラモを組め、俺('〜')積み過ぎだ










【関連する記事】
posted by RGM-79 at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | RC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
旧シリーズが再販、しかも少しだけリニューアル?
しているとは知りませんでした。
確かに、良いですねぇ〜。

痛車には見えないですよ。
派手目で処理してあって、すっごく似合っている
ように見えます。
素直に格好いいな、と。

今の子供は外でRCとかするのかなー。
あんまり見たことないですね。
Posted by terra at 2012年12月21日 09:19
>terra様

コメントレスが年越してすみませんー
タミヤの復刻RCは、当時RCにはまってた層にはたまらない物がありますねー
でも復刻が多いと言うことは新車は余り芳しく無いんでしょうかね?

お褒め頂いて嬉しいです
でも外で走らせる時は少し人目を気にしますねー
走り回ってりゃバレそうには無いですがw

公園とかでRCをしてる子供は確かに見ないですねー
まぁ携帯ゲーム機やらなんやら今は遊ぶ選択肢が多いですしね
RCみたいに金喰い虫は中々子供には・・・

RC屋では親と一緒に来てた子供がマイティフロッグを持ってたのを見たのが唯一ですね('〜')
Posted by RGM79 at 2013年01月01日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。