2013年01月29日

1/100 MG(No.29) MSN-04 SAZABI(2000/07)

世の中はMGνガンダムver.Kaやらトールギスやらで沸いていると思われますが
うちのブログは今更MGサザビーです('〜')
積みのリストに無かった?はて、何の事やら・・・

発売当時に作ったときは凄くガッカリした記憶がありますが
今作ってみるとどんなもんじゃろね?
ってゆーノリで購入→即パチ組('〜')



1/100 MG MSN-04 サザビー(バンダイ)
8000円

MGMSN0400.JPG


MSN-04 サザビー

新生ネオ・ジオン総帥シャア・アズナブルの専用機として開発された機体。
既存のジオン系MSの全ての技術を投入した集大成的存在。

設計は旧ネオ・ジオン(アクシズを前身とするハマーン・カーン指揮下のネオ・ジオン)の技術者が呼び集められ、彼らを中心として行なわれた。
当初はギラ・ドーガをベースとして開発が進められていたが、ギラ・ドーガのムーバブルフレームはサイコミュ関連の装備を内部に組み込むのにはサイズが不足しており、総帥専用機として開発部から要求されたスペックを満たすことはできなかった。
その後、何度かの試行錯誤を経た結果、より大型の機体を新規に開発することが決定される。
開発の際にはモビルアーマー (MA) 級のサイズを持つ機体も考案されたが、サイコフレームの採用により全高25m級というサイズに落ち着いた。
なお、この際に開発された機体はヤクト・ドーガとして完成し、2機が実戦に投入されている。
一方、新規設計の際に考案されたMA級の機体は開発プロジェクトが別の部署に移管され、後にα・アジールが完成した。

新生ネオ・ジオン軍内では基礎設計は可能であったが、実機の製造・試験のための施設が不十分であったため、開発自体はアナハイム・エレクトロニクス社に委託されることとなり、かつての旧公国軍指揮下にあり、現在も影響が強いグラナダ工場において製造が行われた。

サザビーはMSとしての基本性能を高いレベルでまとめた上でNT専用機としての機能を付加させていくという理念の下開発され、その結果MS単体での基本性能とNT専用機としてのサイコミュ関連の性能が共に高く、双方のバランスが取れた優秀な機体として完成した。
本来搭載に膨大なスペースを必要とするサイコミュ関連装置は、サイコフレームの採用により小型化されている。
従来の重MSのような多数の武装は施されておらず、大型化による内部スペースの余裕を利用して機体性能の総合的な向上が計られている。

コクピットは頭部にあり、緊急時には機体から分離させることができる。
さらにコクピットブロックには小型スラスターも内蔵されており、戦線を早急に離脱することが可能。
また、他のMSと同様にリニアシートを標準採用している。メインカメラにはモノアイが採用されているが、これはリック・ディアスに採用されていたものに改良を加えたものであり、性能も向上した。コクピットを頭部に置いたことによる胴体部の内部スペースの大きな余裕を利用して高出力のジェネレーターとサイコミュのメインユニットを装備している。

ネオ・ジオンの指導者が自ら搭乗する機体であることを鑑み、可能な限り破壊されにくいことが要求されたため、機体の耐久性は非常に高い。
装甲に用いているガンダリウム合金は技術発展により従来型よりも強度が増しているため、機体の耐弾性を低下させることなく装甲厚を削減することが可能となり、軽量化と同時に運動性の向上ももたらしている。
さらに装甲自体に姿勢制御スラスターやプロペラントなど各種機器を内蔵する余裕も生じた。
バックパックのスラスターは機体サイズと比べると小型で3基しか装備されていないが、この3基でリック・ドム1機分に相当する推進力を持ち、肩部にはフレキシブルショルダースラスター、機体全体に多数の姿勢制御用スラスターを装備。
また、オプションとして2基のプロペラント・タンクを装着することで、最大戦闘出力の継続時間を90秒以上延長することが可能。
これにより大型の重MSでありながらも従来機を越える高い機動性・運動性を誇り、稼働時間も通常のMSを大きく上回る。
アクチュエーターを始めとする機体制御システムも高性能なものを採用し、サイコフレームの装備により追従性も高い。
手足の稼動範囲も広く、武装を使わずにマニピュレーターや脚部で直接敵を攻撃することも可能。

ヤクト・ドーガと同型のファンネルを6基装備しているが、ヤクト・ドーガが肩アーマーに直接ファンネルを搭載していたのに対し、本機ではバックパックに設けられたファンネル・コンテナに収納されている。
コンテナにはファンネルのエネルギーおよびプロペラントの補給機能が備わっているため、連続使用が可能となり、ファンネルの運用能力の向上と使用可能時間の延長に貢献している。

機体は往年のシャアの乗機と同様赤を基調とした赤系統で塗装され、フロントアーマーには本名のキャスバル・ダイクン(もしくは通り名としてのシャア・ダイクン)のイニシャルCDをト音記号風にアレンジしたマーキングが入っている。

-Wikipedia サザビー(ガンダムシリーズ)より抜粋-


-武装を使わずにマニピュレーターや脚部で直接敵を攻撃することも可能
可能なだけで強くは無かったですね('〜')νガンダムにフルボッコにされとったし




【前後左右】

MGMSN0401.JPG

MGMSN0402.JPG

MGMSN0403.JPG

思ってたよりは悪くない出来・・・かな?
塗装はバーニアの黄色とモノアイの緑、あとはニュートラルグレー部全て
グレーのパーツは全部ファントムグレーみたいな濃いグレーだったので
塗る部品だけ残してランナー状態でバシューっとブラシ塗装

形状は設定画よりは、ちょいと角張ってる感じです
あとは胸と肩と腰アーマーのボリュームが不足してる気がしますねー
てか何か前後にペラい

まぁ8000円の価値は無いよね('〜')デカイけども
MGドムより後に発売されたキットと思うと、やっぱ残念な出来か
MGドムまともに作った事無いんですがねw



【付属品】

MGMSN0404.JPG

ビームショットライフル
シールド
ビームトマホーク(サーベルとトマホーク二種のビーム刃付)
ビームサーベルx2
ファンネルx6
1/100 スゥイート・ウォーターの救世主シャア・アズナブル総帥

以上

全装備は付属してますね



MGMSN0405.JPG

1/100シャア・アズナブル大佐はメットのバイザーだけ塗ってやめました
コクピット内のシャズナブルも同様('〜')



【可動範囲とか色々?】

MGMSN0406.JPG

腕は水平まで上がりますが、足はあまり開きません
ってか足首の可動が絶望的で、接地性は最悪です



MGMSN0407.JPG

肘・膝共に割と曲がります
が、やっぱ足首が駄目なので・・・
見た目を気にしなければ、足首のフレームを外す事で接地性は良くなります
写真は撮影してませんが、今現在フレームは撤去してたりw
足首内をじっくり見なけりゃ気づかないのでオススメ?



MGMSN0408.JPG

足首内のシリンダーは伸縮します
このシリンダーのフレームが干渉して足首の可動を殺してるんですがねー



MGMSN0409.JPG

上腕後部のシリンダーも可動



MGMSN0410.JPG

腰はほぼ捻れません



MGMSN0411.JPG

モノアイはこんな感じです
モノアイシールドは無し
透明プラ板で簡単に作れるとは思いますがー



MGMSN0412.JPG

MGMSN0413.JPG

首の上下可動はこれくらい



MGMSN0414.JPG

MGMSN0415.JPG

モノアイ可動・・・つってもほとんど見えないんですが



MGMSN0416.JPG

MGMSN0417.JPG

コクピット開閉可能
この中の球体コクピットは再現されていないので、νガンダムに持たせる事は叶わず



MGMSN0418.JPG

中のシャズナは、ほぼ見えません



MGMSN0419.JPG

MGMSN0420.JPG

腰はボールジョイント接続で多少前後左右に可動します



MGMSN0421.JPG

MGMSN0422.JPG

フレキシブルショルダースラスターも可動



MGMSN0423.JPG

MGMSN0424.JPG

MGMSN0425.JPG

MGMSN0426.JPG

指は良く動きますが保持力は皆無
まぁビームショットライフルとビームトマホークは掌にピンを差して保持するので
保持力が気になるのはビームサーベルのみなんですがねー



MGMSN0427.JPG

MGMSN0428.JPG

MGMSN0429.JPG

MGMSN0430.JPG

ファンネルコンテナとプロペラントタンクはフレキシブルに可動



MGMSN0431.JPG

MGMSN0432.JPG

爪先と踵が可動
νとかリガズィの足の裏の爪みたく地面に突き刺すんじゃろか?
にしちゃあデカくて刺さりにくそうな・・・



MGMSN0433.JPG

ファンネルコンテナ開閉可能
付けたり外したりしてたら擦れてトップコートがジャミジャミに・・・



MGMSN0434.JPG

MGMSN0435.JPG

MGMSN0436.JPG

ビームトマホーク装備
ビーム刃長くて見栄えはいいですね
形状は割と大味ですがー
色的にも1/100HG ウイングガンダムのエフェクトみたいな造形?



MGMSN0437.JPG

トマホーク状のビームに交換



MGMSN0438.JPG

MGMSN0439.JPG

トマホークは縮めてシールド裏に取付可能



MGMSN0440.JPG

ビームサーベル装備
真っ直ぐ持たせるのに少し苦労します



MGMSN0441.JPG

MGMSN0442.JPG

サーベルグリップは下腕に収納



MGMSN0443.JPG

こんな使い方はせんのじゃろうなぁ('〜')



MGMSN0444.JPG

ビームショットライフル装備
手首を外してからじゃないと持たせにくいのが難点?



MGMSN0445.JPG

MGMSN0446.JPG

MGMSN0447.JPG

ポンプアクション可能



MGMSN0448.JPG

シールド装備
デカくて良いシールドですね



MGMSN0449.JPG

基部で回転可能



MGMSN0450.JPG

MGMSN0451.JPG

取付位置の変更は出来ないので
上腕ロールと肘の可動を駆使してシールドの向きを変えるしか無いです



MGMSN0452.JPG

MGMSN0453.JPG

踵を立てれば少し安定性が増しますねー



MGMSN0454.JPG

タバコでサイズ比較
デカいです、デカいのだけが取り柄です



MGMSN0455.JPG

1/100 MG νガンダムと比較
デケえよサザビー!



MGMSN0456.JPG

1/100 MG ジムver.2.0と比較
スケール違うんじゃねぇの?ってくらいサイズが違いますね



MGMSN0457.JPG



【総評?】

もーちょっとボリュームが有れば化けたかも知れないですねー
足首の接地性の悪さは可動より内部フレームにこだわった結果?
改良点が分かったからか昔組んだ時よりは良い物に見えましたが・・・
改造する気は全く無いです('〜')
まぁ古いMGだからモールドは甘いのも残念ですねー

とりあえず・・・
足首内フレームを撤去して足を開気味に立たせるだけなら割と格好良いよ!

サザビー組んだし、いい加減シナンジュも作ってやらにゃなぁ
てか文句ばっか書いてる割に撮影枚数多い辺り、結構気に入ってんな俺







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック