2014年02月28日

1/72 COMBAT ARMORS MAX01 DOUGRAM

んぇー久しぶりの更新です
いやぁ、今年に入ってから全くプラモ完成させて無かったもので・・・
てな訳でジムスナイパーK9もサンダーボルトジムもまだ組んでません

んで、仕事も一段落してきたので組んだダグラムでもー
2013年に割りと発売を心待ちにしてたキットです
まぁ結局発売は2014年の1月にずれこんだ訳ですがw
多少の不満点はあれど、パチ組出来るダグラムが発売されたのは嬉しい所
不満点?とりあえず値段が高い所ですが、まぁこれは仕方が無いですねー
ガンプラ基準で値段を考えてはなぁ・・・売れる規模が違いすぎる(’〜’)



1/72 COMBAT ARMORS MAX01 ダグラム(マックスファクトリー)
3800円

DOUGRAM00.JPG

コンバットアーマー ダグラム

デロイアのゲリラグループが極秘裏に開発した、Xネブラの電磁波の影響に史上初の対応を果たしたCBアーマー。
生残性を高めるためジェネレーターを2基搭載、反応速度、走行速度も従来型に比べ破格なものであり、跳躍能力も15〜20mに達するとされている。
連邦軍実戦評価では、ダグラムのキルレシオはソルティックH8ラウンドフェイサーの5〜6機分に相当するという。
対リニアガン装甲を備え、防御力も強い。
また整備性や分解・組み立ての容易さはラウンドフェイサー以上で、総合的に実戦向き、あるいはゲリラ戦向きの機体と言える。
全身水中に浸かることのできる防水シールドも完備。
T-10B/C用のハンググライダーで滑空飛行も可能。
武器を使わぬ徒手空拳での格闘も巧みで、殴る、蹴るといった打撃技のほか、柔道の「一本背負い」「内股」を使ったこともある。
欠点は双発である分エネルギー消費が大きく、従来のCBアーマーに比べて連続稼働時間が短い事と、他の二脚型CBアーマーと同様に接地圧が高いため、砂地など軟弱地盤での歩行安定性に問題がある。
後のムック本の後付け設定によると、Xネブラに対応するためにコンピューターで制御していた部分を手動で行うようにしており、ラウンドフェイサーよりも高度な操縦技術が必要になったとされている。
ただ、操縦が若干難しく乗り手を選ぶ、という点については劇中にハックルがクリンに説明する台詞がある。
設計図は紙媒体でのみ存在しており、開発工場が連邦軍に襲撃された際機密保持のため急遽焼却処分された。
また、量産が計画されていたが、連邦軍によりボナール市の生産工場が発見され挫折した。
この時、同地で同様に計画されていたダグラムの火力・装甲強化プランも破棄された。
また同じく同地で開発されていたターボザックはJ・ロック隊によって難を逃れた。
デロイア星ゲリラの象徴たる本機であるが、その部品の70%は地球製である。
これに肉付けする『デュアルマガジン』(丸善)連載「ダグラムメカニズムワールド」での後付設定として、開発にはアイアンフット社がリスクを承知で携わり、ダグラムの稼動データを参考にヘイスティが開発された、というものがある。
なお本来の量産機は番組終了後、設定上「DM」(ダム)と名付けられ、大河原邦男がイラストを描き降ろした。
戦後、デロイア政府軍の機体として再開発されたという設定も付加されている。
機体デザインは大河原邦男だが、前腕部に固定されるリニアガンのみ他所でデザインされていた。
ロボットが手に持った銃を構えるのが最も格好の良いポーズの一つと考える大河原は、それについての不満を後に語っている。
機体色はダークブルーとシルバー。

-Wikipedia コンバットアーマーより抜粋-

ふむん、機体色はダークブルーとシルバーなのか・・・
自分のイメージも確かにそうなんだが、当時持ってたデュアルモデルの影響と思ってたなぁ

3800円とガンプラのMG並の値段ですが、サイズはガンプラの1/144程度です




【前後左右】

DOUGRAM01.JPG

DOUGRAM02.JPG

DOUGRAM03.JPG

肘関節等が可動の為、今風のデザインになっていますが
概ねダグラムらしい形状では無いかと思います
まぁ頭部の耳部分のダクト?が大き過ぎるかなーとは思いますが(’〜’)

塗装箇所はリニアガンとリニアカノンと腰のグレー部分、そしてクリンぐらいです



【付属品】

DOUGRAM04.JPG

アームリニアガン
ターボザック
平手x左右
リニアカノン持ち手x左

以上

残念ながらヤクトダグラム用のミサイルポッドは付属しません
ドラグナーシリーズのガンドーラ辺りから流用すれば・・・
って入手し辛いな、おい
サイズも合ってるか判らんし(’〜’)



【可動範囲とか色々?】

DOUGRAM05.JPG

横方向はこんな感じ
腕は水平まで上がりますが、足はデザインの関係上これで限界です



DOUGRAM06.JPG

肘・膝共に90度程度曲がります
脚も腰のデザインの関係上、余り前後に可動出来ません
第1話の朽ちたダグラムの再現はおろか、立膝も出来ません
でもまぁ、デザイン改変されるよりは良かったかな?
可動させたければ自分で弄ればいいし



DOUGRAM07.JPG

DOUGRAM08.JPG

足首の接地性は良好
割と自由に動きます



DOUGRAM09.JPG

腰は、わずかに捻る事が出来ます



DOUGRAM10.JPG

DOUGRAM11.JPG

腕は前方向にスイング可能



DOUGRAM12.JPG

DOUGRAM13.JPG

DOUGRAM14.JPG

DOUGRAM15.JPG

DOUGRAM16.JPG

腕は上腕と肘関節にロール軸がある為
割とイメージ通りのポーズ付けが出来ます



DOUGRAM17.JPG

頭部はターボザックを付けなければ360度回転可能
ザックを付けた時は、動力パイプが干渉して余り動きません
ってかキャノピーにまで艶消し吹いたのは誰だ!(俺です)

キャノピーは開閉可能な塗装済みの物と未塗装の物と未塗装の固定式の3つが付属



DOUGRAM18.JPG

DOUGRAM19.JPG

DOUGRAM20.JPG

キャノピー開閉可能+キャノピー上部のハッチも開閉選択可能
中にはクリン・カシムも搭乗していますが、キャノピー艶消しにしたせいで開けないと見えません



DOUGRAM21.JPG

DOUGRAM22.JPG

DOUGRAM23.JPG

DOUGRAM24.JPG

アームリニアガン装備



DOUGRAM25.JPG

DOUGRAM26.JPG

DOUGRAM27.JPG

DOUGRAM28.JPG

DOUGRAM29.JPG

DOUGRAM30.JPG

DOUGRAM31.JPG

DOUGRAM32.JPG

ターボザック装備
リニアカノンは可動し、専用持ち手で構えることも出来ます



DOUGRAM33.JPG

DOUGRAM34.JPG

平手を使ってポージング・・・って崖から着地したダグラムか?



DOUGRAM35.JPG

DOUGRAM36.JPG

左手の甲には20mmチェーンガンが付いています



DOUGRAM37.JPG

前に作ったダグラムモドキと比較
って、こんなんと比較すんなw



DOUGRAM38.JPG

偽者



DOUGRAM39.JPG

本物
やっぱ全然違げぇwww



DOUGRAM40.JPG

DOUGRAM41.JPG

DOUGRAM42.JPG

所詮はガンプラのみで作ったネタプラモだしなー



DOUGRAM43.JPG



【総評?】

いやー発売されただけでもう満足です
ラウンドフェイサーやブロックヘッドやヘイスティにも期待
買うよー全部買うよー
後は旧キットのダグラムを組んで比較して遊ぶのみか?






posted by RGM-79 at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 太陽の牙ダグラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャ、キャノピーが。。。

いやー、やっぱいいですね。
ダグラム。
この無骨さがたまらないです。
買おうかなー。
確かに、頭が多きすぎる感じがしますが、
コクピットがあるなら正解なのかもしれない
ですね。
耳?だけ、少し小さくすればいいのかな?

24部隊がほしいです!

R3でなんでダグラム、出ないのでしょうね?
不思議です。
高橋監督もの、全部、出してほしいのに。
Posted by terra at 2014年02月28日 12:05
>terra様

いやー1月以上の放置スミマセンでした
このダグラムシリーズには期待しています
例えラウンドフェイサーの肩ミサイルの接続が変で有っても!

旧キットであるSAKが中々入手出来ないですからねー
新規キットでコンバットアーマー全種出しちゃって欲しいところ

ついでにWAVEはATを1/35で全種出して欲しかったりもしますがw

R3は初っ端のレイズナーでこけた感じが有りますねー
R3も1/20ボトムズもバンダイのリメイクロボプラモはサイズが大きすぎて、懲り方が変な方向に行きがちですねー
VF-1バルキリーとかw

R3でザカール欲しかったなぁ、WAVEのガレキは高くて買えなかったし
Posted by RGM79 at 2014年04月03日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック