2014年07月06日

1/144 HGTB02 RGM-79 GM

お久しぶりです、まだ生きています
ってか更新するのサボリ過ぎですね
更新するネタが無かった訳でも無いんですが・・・
 魂スペックのギルガザムネ(ドルチェノフ仕様)とか?
完成したプラモとかは大した物が・・・無かった

1:組んだだけのHGキュベレイパピヨン
2:組んだだけのHGミスサザビー
3:組んだだけのHGスタービルドストライク
4:パチ組墨入れ無しHGUCF91(ハリソン機)
5:仮組みしたデルフィング
6:アームドアーマー全部乗せ仮組みHGUCバンシィ
7:SDネオジオングを着た仮組みHGUCシナンジュ
8:MGウィングゼロカスタムの羽を付けて仮組みHGUCゾック
9:組んだだけのシルヴァバレト
10:部分塗装で組んだ1/100グフ

と、まぁ完成させない病が激しくなってるここ最近です
作りたいものが有るのに、全然違うものに手を出して半端でやめる
そして何も完成しない、良くある光景・・・じゃねぇよ

今月のコンテストに向けて何かしら完成させなきゃなー
あ、MGジョニーライデン用ゲルググver.2.0は電撃ガンプラ王1次通過したので
今年もクリアーブルーのHGガンダムver.G30をもらえました('〜')わーい?


1/144 HGTB02 RGM-79 ジム(サンダーボルト版)(バンダイ)
1800円

HGRGM79tb00.JPG

RX-78ガンダムのデータを基に開発されたRGM-79ジム。
本機は地球連邦軍の主力MSとして一年戦争中期以降に多数が開発され、各地で運用されたことで知られる。
「ムーア同胞団」にもジムが配備されていたが、同部隊で運用されたジムは通常のジムに比べ細部に改修が施されている他、装備も追加されていた。
これは運用地である<サンダーボルト宙域>に合わせた処理だと思われる。
主な改修点としては、アポジ・モーターの追加と関節部へのシーリング処置が挙げられる。
これは<サンダーボルト宙域>での運用を考慮したものと考えられ、運動性の向上とデブリによる機体への損傷を避けるための措置であった。
なお、頭部にもセンサーが追加され、暗礁宙域における探査性能を上昇させていた。
装備の追加についても同じで、ビーム・スプレーガンと二連ビーム・ライフルの装備による攻撃力の底上げと、ランドセルを大型のものに換装することで機動力の増強が図られている。
また、ランドセルには2基のサブアームが設けられ、2枚のシールドを装備するなど、多様な用途に用いられた。
このように「ムーア同胞団」のジムには、様々な改修や装備が施されていたが、<サンダーボルト宙域>での戦闘で多数が失われている。
これは暗礁宙域での戦闘の激しさを物語るエピソードと言える。

-組立説明書による解説より抜粋-

ふむん、頑張ってサンダーボルト版ジムは暗礁宙域用の特殊装備ジムですよー
って解説してますね
でもまぁ、ここまでデザイン違ったら 細部を改修した レベルじゃないよなー
無理に正史に混ぜるより、太田垣版ガンダムとして別物扱いで良いんじゃなかろうか?




【前後左右】

HGRGM79tb01.JPG

HGRGM79tb02.JPG

HGRGM79tb03.JPG

中々角ばっててサンダーボルト版らしい形状に仕上がっています
ロボットっぽいデザインで自分は結構好きなデザインなんですが
自分の周囲では関節のシーリングとかランドセル形状が不評ですねー

色分けはランドセルの黄・茶色分と腰アーマーの黄色と足のアポジモータ辺りが
要塗装箇所、二連ビームライフルの黄色もか



【付属品】

HGRGM79tb04.JPG

ビームスプレーガン
二連ビームライフル
シールドx2
サブアーム(長)x2
ライフル持手x2
シールド取付パーツx2

以上

ビームサーベルは残念ながら装備されていないので、未付属



【可動範囲とか色々?】

HGRGM79tb05.JPG

関節構造は最近のHGらしく、OO二期以降の構造となっているので
良く動きますね



HGRGM79tb06.JPG

肘・膝共2重関節で良く曲がります
正座は出来ませんがー



HGRGM79tb07.JPG

ランドセルが干渉するので、腰の回転はこの程度



HGRGM79tb08.JPG

シールド取付パーツを使用して通常通りに腕に取付が出来ます


HGRGM79tb09.JPG

HGRGM79tb10.JPG

ビームスプレーガンとシールドを普段通りに装備
ビームスプレーガンはエネルギーパック方式らしいですが
それじゃZの時代の技術になるんじゃなかろうか?



HGRGM79tb11.JPG

HGRGM79tb12.JPG

二連ビームライフル装備
こんなん装備してるんで物凄い強そうなジムだ
劇中だと、いつも通りのやられメカですが・・・



HGRGM79tb13.JPG

HGRGM79tb14.JPG

サブアームは収納状態のパーツを展開状態のものに差し替えで再現



HGRGM79tb15.JPG

HGRGM79tb16.JPG

フル装備



HGRGM79tb17.JPG

サブアーム基部で角度変更+根元にロール軸+シールド基部の回転程度の可動ですが
割と自由にポーズ付けが出来ます



HGRGM79tb18.JPG

HGRGM79tb19.JPG

HGRGM79tb20.JPG

HGRGM79tb21.JPG

HGRGM79tb22.JPG

HGRGM79tb23.JPG



【総評?】

いつものガンプラとは違うデザインで新鮮なキットです
デザイン的に好き嫌いが分かれるとは思いますが
キットの出来は素晴らしいと思います
・・・サブアームが肉抜きされまくってはいますがw
このジムベースで地上用とかコロニー戦用を俺設定とかで作ると楽しい気がする
友人はランドセル交換して白赤に染め上げてましたがw

さて、作りたい物が多すぎて混乱気味ですが・・・
とりあえず1個づつ完成させて行きた・・・いなぁ?
DスタイルのターボカスタムとかPS版ラビドリーとか・・・
もうじきラウンドフェイサーも出るか・・・
MGターンXとかMGプロトガンダムとかMGドズルザクとかも・・・
むぅ







この記事へのコメント
お久しぶりです!
お元気そうで良かった〜。

サンダーボルト版GMが正史に組み込まれ様と
しているとは知りませんでした。
漫画版でいいような気がしますね。
フルアーマーガンダムも説明がつかない
でしょうしね。

羽の生えたゾックが気になりますね。。。
Posted by terra at 2014年07月06日 17:15
>terra様
まぁ本編とは別物のガンダムと解釈すれば幸せになれるんじゃなかとw
小説版ガンダム的な感じで?

羽ゾックは・・・気が向いたら完成させますw
Posted by RGM79 at 2014年08月24日 00:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック