2014年08月23日

1/144 AMX-101 GALLUSS-J(No.02)+HGUC No.183

まーた がっつり間が空いてしまいました
その間ホビーゾーンのコンテスト用にガルスJ何か作ってたんですが
全く間に合いませんでした(’〜’)
故にかなり雑に完成しちゃっています

最初はRジャジャをHGUC風味に作ろうとしてたんですが
そういやシュツルムガルス発売したよな?あれベースでガルスJ作りゃ簡単じゃね?
って感じで手を付けて見た結果
全然楽じゃ無かった、っつーか想像以上に使える箇所が少なかった
まぁ完成したので良しとしますかー



1/144 AMX-101 ガルス=J(バンダイ)
1/144 HGUC AMX-101E シュツルム・ガルス(バンダイ)

700円+2400円

144AMX101+E00.JPG

144AMX101+E01.JPG

AMX-101 ガルスJ

全高:21.11m
頭頂高:19.50m
本体重量:52.7t
全備重量:78.3t
質量比:1.33
パワージェネレーター出力:2840kW
移動用ロケット推力:18400kgx4(肩)
        16700kgx2(背)
        14900kg(背)
姿勢制御用バーニア:16基
センサー有効半径:11200m
装甲材質:ガンダリウム合金
武装:ミサイルポッドx2
   フィンガーランチャー(毎分260発)
   エネルギーガン(出力3.8MW)

アクシズが、再度地球圏へ侵攻するにあたり、戦力増強のために試作された一連のMS群の中の一機。
地球圏に散っていた元ジオンの技術者たちが、再びアクシズへ参加して開発にあたった機体であるため、それまでの主力であった「ガザ」シリーズ以上に、旧ジオン系MSのコンセプトが色濃くはいった設計となっている。
加えて、地球圏から戻った技術者たちが収集した、連邦軍MSのコンセプトとして、ムーバブル・フレーム、リニア・シート、ガンダリウム合金を導入しており、両肩のミサイルポッド、左手のフィンガーランチャーと相まって、まとまった能力をもつMSとなった。
主武装は、エネルギーガン。
巡洋艦エンドラ艦長、マシュマー・セロがサイドIの「シャングリラ」で初めて実践に使用した。

-組立説明図 設定資料より抜粋-

キットは1986年発売のもの、28年前?
グフ的な設計思想だとか、陸上戦MSだとか何かで見た気がするけど、何だったっけ?




【前後左右】

144AMX101+E02.JPG

144AMX101+E03.JPG

144AMX101+E04.JPG

こんな感じで、外装はほぼ旧キットのガルスJ
関節は全てHGUCシュツルム・ガルスで出来ています
妥協して胸と腕をシュツルム・ガルスから、そのまま使用しています
あと、細かいところの継ぎ目やパテ跡が残った雑な仕上がりとなっています
まぁ写真じゃ判らないと思いますがw
肩のミサイルポッドは両方閉じた状態にしようと思ってましたが
面倒になって左はミサイル露出状態のままで完成、ミサイルはMGガンダムver.2.0のサーベルです



【付属品】

144AMX101+E05.JPG

144AMX101+E06.JPG

144AMX101+E07.JPG

付属品は手持ち武器のエネルギーガンのみです



【可動範囲とか色々?】

144AMX101+E08.JPG

144AMX101+E09.JPG

HGUCシュツルムガルスの可動範囲ほぼそのままなので
中々自在に可動します
よし、そこだけは思い通りだ



144AMX101+E10.JPG

144AMX101+E11.JPG

144AMX101+E12.JPG

口の動力パイプはスプリングに置き換えているので
ある程度首は可動出来る様になりました



144AMX101+E13.JPG

144AMX101+E14.JPG

144AMX101+E15.JPG

バックパックは元キットそのまま
カバーやバーニアが可動します



144AMX101+E16.JPG

腰は多少回転可能
前後スイング可動も可能です



144AMX101+E17.JPG

144AMX101+E18.JPG

肩アーマーは内部フレームにポリキャップを仕込んで独立可動します
ってかこうしないと腕の可動が死ぬw



144AMX101+E19.JPG

フィンガーランチャーはシュツルムガルスの手首に旧ガルスJの指だけを移植



144AMX101+E20.JPG

144AMX101+E21.JPG

144AMX101+E22.JPG

エネルギーガン両手持ち?
左手は指が伸びた手しか作らなかったので、グリップは握れません



144AMX101+E24.JPG

144AMX101+E25.JPG

144AMX101+E26.JPG

144AMX101+E27.jpg

仮組み時は、こんな有様
緑が旧ガルスJで青がシュツルムガルスのパーツ
白はプラ板です
なんで好きでも嫌いでもないガルスJに、こんな手間かけたんだろうな?


144AMX101+E28.JPG



【総評?】

割と旧キットのガルスJの形状は良いですね
もう一個持ってれば、素組みして比較出来たんだがなぁ
残念
シュツルム・ガルスは、あんま好きくないのでもういいや?

とりあえず、期日に間に合ってても勝てた気はしないなw











この記事へのコメント
お久しぶりです。
一見わかりにくいですけど、
すごい力作ですね(´∀`*)
Posted by UO at 2014年08月24日 08:24
見事な”二個一”ですね。
無理がなく、フル可動のガルスJを再現してますね。
すばらしいです。
コンテストでも良い線行きますよ、きっと。

陸戦とか、グフ的はシュツルムでの後付設定ですね。

次はキヤノンタイプのK型とかも。。。
Posted by terra at 2014年08月24日 10:47
>terra様
返事遅れてスミマセン
結局コンテストに出さずに、友人の店で飾られてたりします
コンテストに出さなかったが故に、仕上げが雑なままですがw

K型は・・・ガルスとガゾウムを犠牲にしなきゃいけないじゃないですかーw



>UO様
気楽に作ろうとした筈が、何だか大改造になっちゃってますからねー
何故ガルスにこんなに力を注いだのか!w
Posted by RGM79 at 2014年09月29日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック