2014年10月05日

1/35 GERMAN STURMGESCHUTZ V Ausf.B


今回は知り合いの店のコンテスト参戦用に
田宮の1/35 V号突撃砲B型を作成

プラスチックモデルならなんでも有りコンテストなんで
別にガンプラでも良かったんですが
戦車モデラーの人と張り合ってみたくなって戦車?に
旧キットモデラーの人とも張り合いたくて1/100ジム組んでたんですが
ちょっと間に合わなくて断念w

技術的にも経験的にも戦車モデラーの人に勝てそうに無いんで
並べるフィギュアを架空の女性兵士にして人目を引こうと言う
姑息な作戦で勝利を狙ってみてはいますが・・・

※コンテスト結果は7〜8位辺りでした、同時に出したゾンビドラゴンが2位でしたがw



1/35 M.M.SERIES NO.281 V号突撃砲B型(田宮)
1/35 WWUドイツ戦車兵1947 ver.7(オーロラモデル)
1/35 WWUドイツ戦車兵1947 ver.8(オーロラモデル)
1/35 WWUドイツ戦車兵1947 ver.9(オーロラモデル)

3000円+2000円+2000円+2000円=9000円

35Sturmgeschutz300.JPG

35Sturmgeschutz301.JPG

35Sturmgeschutz303.JPG

35Sturmgeschutz302.JPG




 第二次大戦初頭、敵防衛線を突破できる強力な火力と装甲、機動力を備えた歩兵直協支援用の車輌として登場したのがV号突撃砲です。
 固定戦闘室を設けた姿勢の低い車体にW号戦車と同型の短砲身24口径7.5cm砲を搭載。
 また、装甲は前面50mm、側面30mmと強固な防御力を誇りました。
 中でもB型は1940年6月から41年5月までに250輌が生産された大戦初期の代表的なタイプで、1941年4月のバルカン作戦、そして同年6月に開始されたバルバロッサ作戦にも出撃。
 歩兵部隊の火力支援はもちろん、T34やKV-Iなど強力なソ連戦車に対抗できる貴重な戦力として奮戦したのです。

エッチングパーツ
アルミ製砲身付き
砲身内部に刻まれた螺旋状のライフリングも再現。
主砲装填部など室内もモデル化、サスペンションは可動式。
コマンダーの人形1体付き。

-V号突撃砲B型 箱横解説より抜粋-

WWUドイツ戦車兵1947 ver.7〜9
1/35スケール・ホワイトメタル製
戦争が長引いていたらもしかして・・・という設定。
実在はしていない第二次世界大戦時のドイツ軍戦車兵の制服をスカートにアレンジしました。

-WWUドイツ戦車兵1947ver.9 封入説明用紙より抜粋-

いやー超久しぶりの戦車キット製作だったんですが
キャラ物、特にガンプラばっか作ってたんで勝手が違って結構時間がかかりました
組む事自体は苦労しなかったんだが・・・
塗装表現に悩んだ挙句、実行さえしない体たらくw
キャタピラと足回りの錆っぽい表現とドライブラシだけやって
ウェザリングとか泥汚れとかベースをジオラマ風味にとか全部断念w
駄目じゃん('〜')





【前後左右】

35Sturmgeschutz304.JPG

35Sturmgeschutz305.JPG

35Sturmgeschutz306.JPG

35Sturmgeschutz307.JPG

35Sturmgeschutz308.JPG

35Sturmgeschutz309.JPG

こう写真で見るとドライブラシかけてるのが良く見えませんね
あとキャタピラ錆過ぎだろ、絶対実動してないよね?こいつ
泥汚れも無いしw
まぁ社会人になって一度も戦車系作ってなかったしって言い訳してみる



【可動範囲とか色々?】

35Sturmgeschutz310.JPG

35Sturmgeschutz311.JPG

35Sturmgeschutz312.JPG

一応主砲?が上下に動いたり
転輪にサスペンション付いてて上下可動したりしますが
写真にゃ撮っていません



35Sturmgeschutz313.JPG

35Sturmgeschutz314.JPG

WWUドイツ戦車兵1947ver.7
実物より写真のが遥かに大きいので
粗が更に良く見えますねー
ふむん、今の自分にゃこれぐらいの塗装が限界ですかね?
もっと作って塗り方とかの経験を積めば上達する気はしますがー



35Sturmgeschutz318.JPG

35Sturmgeschutz319.JPG

35Sturmgeschutz320.JPG

WWUドイツ戦車兵1947ver.8
前のめりに座っているドイツ戦車兵です



35Sturmgeschutz315.JPG

35Sturmgeschutz316.JPG

35Sturmgeschutz317.JPG

WWUドイツ戦車兵1947ver.9
こいつはキューボラから除き込んでる戦車兵です



35Sturmgeschutz321.JPG

35Sturmgeschutz322.JPG

WWUドイツ戦車兵ver.6
これも作って配置しようと企んでたんですが
気力と時間が尽きてしまった為断念



35Sturmgeschutz323.JPG

35Sturmgeschutz324.JPG

35Sturmgeschutz325.JPG

WWUドイツ戦車兵ver.6が居ない為、右側が寂しくなりました
残念無念



35Sturmgeschutz326.JPG

35Sturmgeschutz327.JPG

35Sturmgeschutz328.JPG

35Sturmgeschutz329.JPG

やっぱベースをジオラマ風味にした方が良かったじゃろかね?
ちなみにベースはダイソーで買った写真立てとコルクボードなので
総額200円也



35Sturmgeschutz330.JPG

35Sturmgeschutz331.JPG

35Sturmgeschutz332.JPG

35Sturmgeschutz333.JPG

35Sturmgeschutz334.JPG

35Sturmgeschutz335.JPG

泥汚れとか砂埃とか水垢とか全然無いけどキャタピラだけは錆びています
なにこの不自然さ('〜')



35Sturmgeschutz336.JPG

35Sturmgeschutz337.JPG

35Sturmgeschutz338.JPG

35Sturmgeschutz339.JPG

35Sturmgeschutz340.JPG



【総評?】

自分が戦車モデラーに対抗するにゃ、全然実力が足りないのを実感
てゆーか作業が雑なのがなぁ、自分
時々は戦車含むスケールモデルも組まないと技術力が蓄積出来んなぁ
そしてその技術をスコープドッグ辺りにフル投入してみたい
そんな感じ

っつーか、これをガールズ&パンツァーって言い張って提出したけど
ガルパンファンに怒られるじゃろかね?








posted by RGM-79 at 00:52| Comment(5) | TrackBack(0) | スケールモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戦車とはスゴイ!
しかも、ガルパン???
ホワイトメタルでこういったのがあるんですね。
初めて知りました。
格好いいですね。

ジオラマ風味が間に合わなかったのが残念
ですが、戦車自体は素晴らしいと思いますが。。。
難しいですよね、戦車って。
たまに組みたくなりますが、なかなか。。。
スーパーシャーマンが欲しいです。

タミヤの1/35も値上げがすごいな〜。

また、旧1/100のGMも紹介してくださいませ。
Posted by terra at 2014年10月05日 10:41
>terra様
いやー正月に友人から貰ってから、いつかこの仕様で作ってやろうとは企んでましたw
ホワイトメタルフィギュアが1体2000円もするのが悩み所では有りましたがー

戦車、ウェザリングとか考えなかったら簡単に作れるんですが
戦車と言えば、やっぱウェザリングとかドライブラシですよねー
いやーウェザリングは難しいです、自分出来てないし?
難しいと言うか、どうやればええのん?て状態か
この辺りの技術は習得したい所です・・・出来るのか?

旧1/100ジムはノソノソと作業が進んでいるので
完成すればブログに載せると思います
コレジャナイジムになってる可能性は否定できませんがw
Posted by RGM79 at 2014年10月07日 23:47
今日はお会い出来てよかったです。またご教授お願いします。
Posted by kacasi at 2014年10月20日 22:59
RGMさん、ご無沙汰しております。

記事には関係ないですが、新型ロードスター、
格好いいですね。

どうですか?
Posted by terra at 2014年11月09日 21:17
>kacasi様
返信遅れてすみません
てかもっと更新できるよう頑張りますw



>terra様
いやぁ中々更新しなくてすみません
新型ロードスター買いたかったんですが
毎度狙ってた車が発売される前に買い換えるハメになるんですよねー

でも、あのデザインはロードスターっぽくなくてチョット・・・
まぁNCロードスターも買うまでは毛嫌いしてたんで
見慣れたり乗ったりすると印象変わるかもですね
NCは試乗して幻滅してた筈なのに、今は気に入ってるし('〜')
Posted by RGM79 at 2014年11月20日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック