2015年02月11日

1/144 ZZ05 AMX-104 R-JARJA

また随分間が空いてしまいました
とりあえず最低限のノルマ?は果たしたので、ブログ再開しますかー

で、久々の更新でガッカリキット1/144 R-ジャジャ
とりあえずシュツルムガルス→ガルスJを製作する前に
R-ジャジャ改修を目論んでいて、その時の形状確認用で組んだキットがこれ
組んでみたは良いが、何をどうすりゃ理想像に近づくかなーと考えていたら
ビルドファイターズトライでR-ギャギャが発売されて解決!
ってゆーか改修しなくて良かった!
となった訳ですが、これ以外でもう切り刻んだR-ジャジャが永遠の眠りについたのです



1/144 AMX-104 R-ジャジャ(ZZ No.05)(バンダイ)
600円

144AMX10400.JPG

R-JARJA【機体解説】

アクシズ軍では、一般量産機とは別に上級士官用に1機だけの専用MSを開発している。
これはアクシズの騎士道教育の一端で、MSを騎士の鎧に見立てた、パイロットのステイタスとなっている。
だが、現実に巡洋艦の指揮官クラスに専用機をわざわざ開発されるわけがなく、量産機の開発過程に試作された機体を艤装したものだ。
しかし、試作機は量産機にない利点がある。
第一に試作機は、テストを重ねた量産機の完成度はない。
例えば攻撃力は高いが、防御力は低いといって具合であるが、実戦経験の豊富なパイロットは、むしろクセがあっても高性能機を求めた。
これは旧ジオン軍からの伝統で、戦果の高いパイロットは、自分の機体をチューンナップし、その特性を生かした戦法をあみ出していったのだ。
第二の利点としては、専用機であるだけに敵側に機体データがないことである。
現代MS戦においては、敵MSの機体データ収集が戦術上重要な点である。
コンピュータ・グラフィック映像にしても敵MSの形状をあらかじめ入力しておかなければ、クリヤーな映像が得られない。
また、敵の回避行動を予測するF.C.S(ファイヤーコントロールシステム)も敵の性能データが不可欠である。
そのため量産機でも不要な艤装を施し、敵を混乱させる者もいるくらいだ。
さて、このR・ジャジャであるが、旧ジオンのMS-15ギャンをモデルに試作された機体をキャラ・スーン専用機として改装したものである。
特徴としては、両肩のバリアブル・シールドで、防御盾・機動スラスター・武器というさまざまな機能を合わせ持った装備である。
また、ヒート剣付きのライフルなど工夫をこらしたオプションも多い。

---1/144 R-ジャジャ組立説明図より抜粋---

って、結局何をキャラ・スーン用に改装したんだか不明なままですね?
まぁMSに乗ったら暴走して暴れまわるだけのパイロットに合わせた改修ってのも?
てか、そんなパイロットにわざわざ専用機与えなくても・・・
騎士っぽいMSなんだからマシュマーにでも使わせれば良かったのにねぇ?
何にせよデザインは好きなのに劇中の扱いが残念なMSでしたねー

てゆーか箱絵カッケエ!





【前後左右】

144AMX10401.JPG

144AMX10402.JPG

144AMX10403.JPG

うん、コレジャネエ!と言いたくなる程イメージと違うプロポーション
肩は何か楕円だし、胴と足は無駄に太いし・・・
ただ、斜め前方から見ると割とイメージに近いかな?



【付属品】

144AMX10404.JPG

ビームライフル(ヒート剣着脱可能)
ビームサーベル

以上

何を思ったか左手は平手しか付属していません
まぁいいや



【可動範囲とか色々?】

144AMX10405.JPG

横方向はこんな感じで、殆ど可動しませんw



144AMX10406.JPG

前後方向もこの通り、やっぱほとんど可動しません
ので、ポーズ付けは余り出来ませんなぁ
まぁ、このキットは可動以前に形状が残念だからなぁ



144AMX10407.JPG

首は多少左右に振れます



144AMX10408.JPG

このキット唯一の見所?バリアブル・シールドは前側に回転可能です



144AMX10409.JPG

ビームサーベル装・・・備って塗って無いですね
まぁよし!



144AMX10410.JPG

ビームライフル付属のヒート剣を一応持てます



144AMX10411.JPG

144AMX10412.JPG

ビームライフル装備
割とデカイライフルなんで、構えるのに少し苦労します


144AMX10413.JPG
144AMX10417.JPG

R-ギャギャとの違い
その1:頭部



144AMX10414.JPG
144AMX10418.JPG

その2:肩



144AMX10415.JPG
144AMX10419.JPG

その3:下腕



144AMX10416.JPG
144AMX10420.JPG

その4:ライフル
このR-ギャギャはHGUCザク3からライフルを奪い取っていますがー
この4点とカラーリングを変更して、HGなR-ジャジャを
作りました
近いうちにブログに出すと思いますがw



144AMX10421.JPG



【総評?】

もう発売当時からガッカリなキット
やっぱ今見ても残念な出来ですね
いやぁ当時は箱絵に騙されたなぁ・・・
買って帰って組んでみて、これチゲエ!ってな

HGBF R-ギャギャが発売されたお陰で、当時の無念が晴らせました
まぁどうせHGUC R-ジャジャ発売されるんだろうけどな!








この記事へのコメント
Rジャジャ、待ってました〜!

って、確かに違いますね。。。
これも時代でしょうか。

早く改修版が見たいです!
楽しみ〜!
(ハードル、あげちゃいました?)
Posted by terra at 2015年02月11日 23:56
>terra様
このR-ジャジャはかなりのガッカリ具合ですねー
改修版と言うかR-ギャギャベースのR-ジャジャは
割と思った通りに完成したので、かなり満足しました(と、自分でハードルを上げる)
まぁ、少し手を抜いた部分も有りますがw
Posted by RGM79 at 2015年02月12日 00:07
僕がこの旧キットいぢりまわした当時はFWガンダム的なアレンジが流行ってたので寧ろ有利でした。ところでHGUCはズサの前例が出てしまったのでちゃんと発売するか不安です。
Posted by ふみりん at 2015年06月05日 20:48
>ふみりん様
確かにZZ版ズサがプレバン送りになってしまったので、R-ジャジャも危険な感じですね・・・
一般販売がいいなぁ

まぁ一番嫌なのはHGUC R-ジャジャが発売されない事ですがw
Posted by RGM79 at 2015年06月30日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック