2007年05月19日

ACTICGEAR NEXT BURGLARYDOG

やっとAmazonから届いた

そんな訳でアクティックギア最新作?

AG-N01 ACTICGEAR NEXT
1/48 ATM-09-DD BURGLARYDOG
税込5775円

スコープドッグとコンパチだぜヽ('〜')ノ


DSC02061.JPG



中はこんな感じ

DSC02062.JPG



まずはフレームから

DSC02063.JPG

DSC02064.JPG

なんか昔のデュアルモデル ダグラムのフレームみたいだ



そいじゃ装甲を付けてスコープドッグからヽ('〜')ノ



前後

DSC02066.JPG



左右

DSC02068.JPG

今までのAGより多少マッチョな感じに('〜')
リベットのモールドも小さくなっていい感じ

可動範囲拡大の為に関節のデザインが変わってるが
まぁ今風のアレンジみたいで良し



付属品一覧

DSC02070.JPG



スコープドッグ本体(パッケージ状態では装甲無し)
ヘヴィマシンガン
ヘヴィマシンガン持ち手x左右
スペアマガジンx2
平手x左右
バーグラリードッグ用パーツ
 トランプルリガー付き脚(脛から下)x左右
 三連ミサイルポッド(右脇用)
 ガトリングガン(左脇用)
 バックパック(ドロッパーズフォールディングガン付き)
 七連ミサイルポッド(右肩用)
 スモークディスチャージャー(左肩用)



そんな感じ
スコープドッグ本体は
 フレーム
 コクピットハッチ(頭部付き)
 腹部装甲x前後
 背面バックパック取付ラッチ
 肩アーマーx左右
 腰アーマーx前後左右
 脹脛装甲x左右(x内外)
 腰アーマー取付用アームパンチ予備マガジンx2
 肘アーマーx左右
 足首アーマーx左右

で、通常のアクティックギアと同じくらいの組立パーツ付属
見た感じ全て新規パーツになってます

あとNEXTはパイロットと操縦桿及び内装も塗装されています



可動範囲&ギミック

DSC02071.JPG

当然スコープも首?も可動
スコープの回転もOK



DSC02072.JPG

バイザーと腹部メンテナンスハッチも開閉可能



DSC02073.JPG

コクピットハッチ開閉可能
中が塗装済みってのは いいねー
スタイルが破綻して無い辺りデュアルモデルツヴァイより良い



DSC02074.JPG

膠着ポーズも可能

今までのアクティックと違い、腿が立った状態で膠着可能
(アニメと同じ膠着方法)



DSC02075.JPG

普通のAGの膠着と比較

手を伸ばした状態で膠着出来るのは大きいね



DSC02076.JPG

脹脛装甲を外して内部メカが見れる

写真を撮ってませんがバーグラリードッグの足も装甲外せます

&またも写真撮ってませんが背面の装甲二箇所も外して見れます



DSC02077.JPG

腰のアームパンチ予備マガジンを
へヴィマシンガン予備マガジンと付け替え可能
(つっかバーグラリーにした時に付け替える訳ですがw)



DSC02078.JPG

アームパンチも再現(当然か)



DSC02079.JPG

そしてターンピックも可動
&グライディングホイールも回転します(転がし走行は不可)



DSC02080.JPG

腰の可動は回転のみ



DSC02081.JPG

肘の関節は二重関節で120度くらい可動



DSC02082.JPG

腕の付根はボールジョイント+軸関節
肩アーマー内にも本体との干渉を逃がすための可動部が有るので
両手を水平近くまで可動させられます



DSC02083.JPG

膝も二重関節(膠着用関節も使用)で140度くらい可動

足首はボールジョイント+軸関節で、かなりの可動範囲



DSC02084.JPG

ここまで可動する('〜')



DSC02085.JPG

DSC02086.JPG

ハイキック(ミドルキック?)だって出来るぜ
ボトムズのメカのくせに…



DSC02087.JPG

膝の所にロール軸有り
まぁ脛交換用のギミックなんですが('〜')



DSC02088.JPG

スコープドッグと言えば、走行時のポーズ
なんか変なポーズになっちまってますがw

足首が金属パーツで出来てるので、
劇中の重心無視なポーズも取れるはず!



DSC02089.JPG

DSC02090.JPG

今までのアクティックじゃ出来なかった
しゃがんでローラーダッシュなポーズも可能?

膠着用の関節の為か 膝の曲がり方は不自然ですがw



DSC02091.JPG

ヘヴィマシンガンのストックは取り外し可能
駄菓子菓子バレルは外せないので、ショートバレルにはならない



普通のアクティックと比較

DSC02092.JPG

手に取った感覚としては
AG NEXT→超合金もしくはハイコンプリートモデル
普通のAG→プラモ
くらい重量差が有りますねぃ

出来の方もNEXTは細かいところまで再現されてる
 格装甲のリベット等細部のモールド
 アームパンチの排莢口の再現
 ヘヴィマシンガンの銃口の開口

このサイズで良くやったものだ('〜')タカラトミー



そいじゃバーグラリードッグにチェンジ



前後

DSC02095.JPG



左右

DSC02098.JPG

色々付いてターボカスタムとかよりボリューム有ります

今までのアクティックは、両脇の追加武装は
ポロポロ取れまくりでストレスの嵐でしたが
今回の脇武装はカッチリ固定されて最高ですねぃ

ドロッパーズフォールディングガンの給弾ベルトは
軟質樹脂製で出来ているので、可動の妨げにはなりません



ギミック?

DSC02099.JPG

DSC02100.JPG

トランプルリガーを差し替え無しで展開可能

バーグラリーの足首はプラ製なので
トランプルリガーを展開してもスコープドッグよりは安定しない
と言っても、元々不安定な物じゃないので無問題ですがw



DSC02101.JPG

DSC02103.JPG

ドロッパーズフォールディングガンも差し替え無しで展開可能
つっても大したギミックじゃ無いですが('〜')



DSC02104.JPG

当然バーグラリードッグも膠着可能
トランプルリガーを半端に展開しないと駄目ですが
まぁ設定通りか



普通のアクティックと比較

DSC02105.JPG

ターボカスタム(ジオラマシリーズ付属の)と比較
同じサイズでここまで充実度が違うものか('〜')
まぁ値段が3倍近いしなw



DSC02106.JPG

コクピットも比較

ターボカスタムの中の人は自家塗装してます('〜')
いまいち君ですが

コクピットもやっぱNEXTの方が作りこまれてる感じ
普通のアクティックのは何か適当だなぁ…比べると



DSC02107.JPG

未塗装アクティックとも比較
切ねぇ…



総評?

今までのアクティックの弱点を克服してる良い物です

弱点は
 腰アーマー(横)が取れやすい
 スコープドッグの足首が外れやすいかも?
 スコープドッグのターンピックが外れやすい
 腹部のメンテナンスハッチ開きすぎ
 ドロッパーズフォールディングガンが少しチャチな気がする

くらいか?
まぁそれほど頻繁に外れる訳でも無いので
ストレスにはならないと思いますがw

良くなった点は
 手首の交換が楽になった
 両脇の装備がカッチリ付くようになった
 コクピット及びパイロットが塗装されてる
 肩アーマーの構造のお陰で大きな動作がさせられる

手首と両脇の装備の改善は最高に良いですね
出来れば通常のアクティックにも反映してもらいたい所
(まぁしないでしょうがw)


とにかく良い物です
問題点は、この値段か('〜')
個人的には
AGネクスト>>>越えられない壁>>>デュアルモデルツヴァイ
な感じなんで、オススメな品です

高い割りに小さいけどw


posted by RGM-79 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 装甲騎兵ボトムズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。